トイレ詰まりを自分で直す方法について

   

トイレ詰まり 直し方

 

トイレが詰まったらすぐに直したいと思うけど、できれば業者は呼びたくない、自力で直したほうがお金がかからない、と思う方もいるでしょう。
まず直す前にすべきことは、これ以上被害が広がらないよう水を増やしたり、感電しないようにしっかりと準備を行うことです。

ウォシュレット付きの場合は必ずプラグを抜き、止水栓を閉めておき、レバーを押しても水が流れ出さないようにしておきます。
止水栓が見当たらない場合は家の元栓を閉じ、一時的に水がでない状態にしておきましょう。

準備ができたところで、トイレ詰まりには大きく2つの種類があると覚えておきましょう。
1つはラバーカップや雑巾で取り除ける軽いもの、もう1つは重曹とお湯で直す頑固なものに分けられます。
軽いものの場合は、床に新聞紙を敷き詰め、水位が低くなるのを待ってからラバーカップを穴に密着させるように当てていくとよいでしょう。
焦らずゆっくりと、押すときは二秒、引くときは一秒かけて行うのがコツです。

ラバーカップでも取り除けない頑固な詰まりの場合は、詰まったものをお湯でふやかす手段が有効かもしれません。
重曹とお酢、そして便器の半分くらいのぬるま湯を用意しておきます。
できるだけ汚れを取り除いてから重曹とお酢、ぬるま湯の順に便器に流し込みます、
この際、お酢を流し込んだ時点で泡が発生しますが、有毒ガスではありません。
ただし二酸化炭素が発生するため、換気のために窓を開けておきましょう。
材料をすべて流し込んだら1時間ほど放置し、詰まったものがふやけるのをゆっくり待ちます。
時々ラバーカップでつまりが解消されているか確認するとよいでしょう。

この手段で間違ってはいけないのは、必ず沸騰したお湯でなくぬるま湯で行うことです。
便器はすべて陶器で出来ているため、熱を加えると膨張しヒビが入ってしまうことがあるからです。
トイレのつまりを治すはずが、便器そのものを壊してしまったらシャレになりませんよ。

 - トイレ詰まり自分で直す