トイレ詰まりはペットボトルで治せる?

   

トイレつまりでラバーカップがないときはペットボトルで

トイレが詰まったらラバーカップを使えと聞くけど、もしそのラバーカップがなかったり、使用できない場合はどうやって直したらいいのでしょうか?
実はラバーカップがなくとも、それに似た吸引力があり、また日常でも目にする道具で代用することができるのです。

普段の生活でも目にする機会の多いペットボトルは、少し加工すればトイレ詰まりを治す便利な道具に早変わりしてくれます。
サイズはどんなものでも構いませんが、ほかのボトルより柔らかく変形させやすい素材でできている炭酸飲料のペットボトルがおすすめです。

トイレ詰まりで使用するのは主に上部のため、使わない底の部分は切り落とし上部だけにしたペットボトルを便器の穴へ思い切り突っ込みましょう。
もちろんですが、入り口から水が出入りするため飲み口のキャップは外しておき、衛生面にも考慮して、突っ込み時は素手でなくゴム手袋を着用しましょう。

突っ込んだ後はラバーカップで押したり引いたりする要領で、ペットボトルを押したり引いたりするだけです。
この作業を繰り返すことで水が勢いよく流動してくれ、配管内の水を逆流させ「詰まり」の原因を水流で押し流してくれるのです。
「ゴボゴボ」と音が鳴り、つまっていたものが流れていけば大成功、うまくいけばゴム手袋とペットボトルだけでトイレ詰まりを直せてしまいます。

ただ、低コストではありますがペットボトルで直す方法には意外とテクニックが必要で、また強い刺激を与えると便器そのものに傷をつけてしまうこともあります。
便器はとてもデリケートなもののため、乱暴に扱うと、傷どころか便器そのものを壊してしまいかねません。
これだけで直そうとして、水道や配管を壊してしまったら本末転倒です。

成功したとしても、解消できるのも飽くまで簡易的なものだけ。
低コストだからと言ってペットボトルだけで直そうとは思わず、あくまで
「ラバーカップが手元にない/使用できない」状態での最終手段だと覚えておきましょう。

 - トイレ詰まり自分で直す