トイレ詰まりは薬品を使用することで直せますか?

   

簡単なトイレの詰まりはトイレの配管洗浄剤で解決できる!

生活するしているうえで、もっともハラハラさせられるのが、トイレの詰まりです。
トイレが詰まっているのに気がつかずに水を流してしまって溢れそうになった…という経験は誰しもあると思います。
こんな時、ラバーカップなどが常備されていれば、物理的に直すことも可能です。
しかし、最近のトイレは昔に比べて詰まりにくいため、いざというときにラバーカップがない!という方もいるのではないでしょうか。
そういう場合は、素直に業者を呼ぶか、別の方法でトイレのつまりを直すしかありません。

ラバーカップを使わない別の方法としてまず思い浮かぶのが、「お湯」を流し込む方法です。
詰まったものがトイレットペーパーであった場合、お湯で溶けて流れてくれる場合があります。
トイレットペーパーはもともと水に溶けやすい構造をしており、お湯に触れると更に水溶性を増します。
トイレットペーパーのつまりであれば、お湯をかけることで大抵の場合解決します。

厄介なのが、ティッシュペーパーによる詰まりです。
トイレットペーパーの買い置きを忘れて、ティッシュペーパーで代用してしまった…というパターンが多いのです。
ティッシュペーパーはトイレットペーパーと違い、水に溶けやすい構造をしていませんので、トイレに流すと詰まってしまうのです。
水に溶けにくいという理由から、お湯をかけても効果が出ないことがあります。
お湯を試してみてもダメという場合は、トイレの配管洗浄剤を流し込んでみると効果があります。
トイレの配管洗浄剤は、配管にこびりついた汚れを薬品の効果で溶かすため、すべりを良くし、詰まりを解消してくれるのです。
トイレの配管洗浄剤は、強力な薬剤が使われているため、取り扱い説明書をよく読んでから適量を使用するようにしましょう。
使用する液量が多すぎたり、長時間放置していると、トイレの配管が痛んでしまうこともあるため注意が必要です。

赤ちゃんのオムツや携帯電話などの固形物の詰まりで無い場合は、薬品を用いることで大抵のトイレの詰まりは解決しますので、試してみてください。

 - トイレ詰まり自分で直す